FC2ブログ

ためになる?クララの歴史のはなし 第一回~織田信長篇~

  • 2010/01/17(日) 15:56:18

予告どおり、今日は織田信長についてです!信長の肖像画




織田信長は天文3年(1534年)5月12日、尾張国(現在の愛知県西部)の戦国大名・織田信秀の次男として勝幡城(那古野城説有)で生まれます。幼名は吉法師です。
母である土田御前が信秀の正室であったため嫡男となり、2歳にして那古野城主となっています。2歳だよ、すごくね?
若い時から奇矯な行為が多く、尾張の大うつけと呼ばれていたのは有名ですね。
でもうつけとはいえ、戦国大名の息子です。身分関係なく遊んだことで、戦術を学んだり、いろいろな方面から情報収集していたそうです。

幼少の頃は、今川氏のもとへ人質として送られるはずだったのに親戚の裏切りで織田に送られてきた松平竹千代(のちの徳川家康)とともに過ごしています。両者は後に固い盟約関係を結んでいます。家康ラッキーだね。



天文15年(1546年)、古渡城にて元服し、織田上総介信長を名乗ります。ちなみに真ん中の上総介はかずさのすけと読みます。元服とは、今でいう成人みたいなものでしょうか。でも人によって元服した年齢は違うようです。織田信長は12歳のようですね。若い!!!

その二年後、天文17年(1548年)に父・信秀と敵対していた美濃国の戦国大名で親子二代の下克上が有名な斎藤道三との和睦が成立し、道三の娘・濃姫と政略結婚します。また、その一年後には正徳寺で道三と会見しています。

天文20年(1551年)、父・信秀が没したために家督を継ぎますが、その葬儀において一喝したあと、祭壇に抹香を投げつけました。
天文22年(1553年)、信長の教育係であった平手政秀が自害してしまいます。これは、奇行が目立つ信長を諌めるための死であったとも、息子・五郎右衛門と信長の確執のためとも言われています。信長は嘆き悲しみ、沢彦和尚を開山として政秀寺を建立し、政秀の霊を弔いました。

尾張国統一を果たした、翌・永禄3年(1560年)5月、今川義元が尾張国へ侵攻します。駿河国・遠江国・三河国を支配する義元の軍勢は、2万人とも4万人とも号する大軍だったそうです。織田軍は、これに対して防戦しましたが総兵力は5,000人。今川軍は、三河国の松平元康(後の徳川家康)率いる三河勢を先鋒にして、織田軍の城砦は次々と陥落していきました。
これに対し信長は静寂を保っていましたが、永禄3年(1560年)5月19日午後一時、「人間五十年 化天の内を比ぶれば 夢幻の如くなり」で有名な敦盛を舞い、わずか4000の軍勢で今川軍に奇襲をかけ、見事今川義元の首をとります。これがあの「桶狭間の戦い」です。ちなみの敦盛の「化天」というのは、六欲天の「化楽天」のことですが、わたしは仏教には詳しくないので、このへんでドロンします。


永禄7年、近江の大名・浅井長政と同盟を組みます。この時に妹であるお市の方を長政に嫁がせています。
その3年後、西美濃三人衆等をみかたにつけた信長は斎藤龍興を伊勢長島に敗走させ、美濃国を手に入れます。この年に、本拠地を岐阜城に移します。

でも美濃って嫁はんの実家じゃん。

まあそれは置いといて。

朝倉氏をうとうとした信長ですが、朝倉が同盟を組んでいた浅井と親交が深かったため、浅井に裏切られてしまいます。これに怒った信長は、同盟を破棄、浅井をうつべく立ち上がります。
そして元亀元年(1570年)6月、姉川の戦いにおいて浅井・朝倉両氏をうちます。なにが言いたいのかというと、お市が可哀相だということです。


この後も、皆さんご存知の通り、どんどん天下布武を進めていきます。
長篠の戦いでは、戦国最強と言われた武田の騎馬隊を鉄砲隊で負かしていますしね。


CM信長
↑直江兼続とともに見事CM出演を果たした信長

しかし、そんな信長にも当然最期の時が訪れます。




1582年(良い子はこれをいちごパンツと覚える)、中国侵攻のために上洛し、京都本能寺にて滞在していた信長を、家臣の明智光秀が襲撃します。
はじめは自身も槍を持って奮闘しますが、やはり100程の軍勢ではかなわず、自ら寺に火を放って自害。人間五十年と詠った信長ですが、享年は49歳でした。
これが信長が最期を遂げることとなった大事件・本能寺の変です。


当然この時に本能寺は焼失、現在は別のところに有りますが、織田信成が今のところに参拝しちゃったような・・・



信長は様々な功績を残しています。楽市楽座・関所の廃止等々・・・
ここら辺はもうめんどくさい皆さんも御存知でしょうからいいでしょう。



また、後世のイメージの織田信長はみんな似たり寄ったりで、声が低く、酒飲みでしょうが、実際は声は甲高く、酒も飲まなかったそうです。

BASARA信長無双信長
上二つ、後世の信長。


こんな感じで織田信長は終了です。


みなさんの感想お待ちしております。ではノシ




↓「織田信長ってこんな人だったんだ~」って思った人はポチお願いします。
にほんブログ村 中学生日記ブログへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

那古野城 県

知ってますかぁ~~こんなことすごいっ!!知らなかったのは、私だけでしょうか~~・・・・・・・・・・・・( ..)φメモメモ藍色蝶々 ためになる?クララの歴史のはなし 第一回~織田信長篇~ 織田信長は天文3年(1534年)5月12日、尾張国(現在の愛知県西部)の戦国大名...

  • From: ミディアムショートな女の子 |
  • 2010/03/18(木) 10:02:28

那古野城 県

教えてください♪ 教えてください♪大阪城 名古屋城 江戸城 姫路城 安土桃山城って誰がたてたんですか??大工さんとかはナシです。大名の名前が知りたい♪(続きを読む) 名古屋城は誰が住んでいましたか?織田信長は主に何所に住んでいましたか? 名古屋城は誰が住ん

  • From: 芸能ニュースフラッシュ!! |
  • 2010/03/18(木) 10:41:21

この記事に対するコメント

お邪魔しに来ちゃいました^^


もう凄いですね!!
ワタシの記事と天と地、月と鼈の差がありありと…!orz

クララ様の記事は読みやすいです。
ワタシも見習って精進せねば!!


では、失礼しましたm(_ _)m

  • 投稿者: 龍仁
  • 2010/01/22(金) 16:09:04
  • [編集]

龍仁さんへ

訪問&コメありがとうございます!


いやいやそんなすごくないですよ(笑)
いろいろと省略してしまっただけですから←

  • 投稿者: クララ
  • 2010/01/24(日) 13:44:25
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する