FC2ブログ

ためになる?クララの歴史のはなし 第二回~濃姫篇~

  • 2010/01/24(日) 13:39:06

第二回は濃姫です!



この人はよく知ってる人と、全く知らない人とで分かれるのではないでしょうか?

最近ゲームとかにやたら出てくるようになって知ったという人もいるのでは?




濃姫は、美濃国(現在の岐阜県南部)で、親子二代で国を乗っ取った、マムシ・斎藤道三の娘です。
名前は濃姫ですが、これは「美濃出身の高貴な女性」という意味で、結婚後のものとも、後付けの名とも言われます。本名は「帰蝶(きちょう)」ですが、ここでは濃姫とします。それにしても綺麗な名前だなぁ~。
父は先程も書いた通り斎藤道三、母は明智光継の娘・小見の方。明智光秀とはいとこという説も有りますが、光秀の前半生が不明なので、明確では無いそうです。

一般にはしっかりした女性なイメージが強いですが、史料がなさすぎて不明確。



天文18年2月24日(1549年3月23日)、織田信長に嫁ぎます。これは政略結婚ですね。濃姫は信長の子を身ごもることができなかったと言われていますが、信長の子供は生母不明の者が多く、ほんとに子がいなかったかはこれもまた分からないそう。


信長の最期・本能寺の変の時、薙刀を振るって夫とともに死亡したという最期が有名ですが、これは歴史小説などで用いられているだけで、信憑性が低いです。

一説では、没年は慶長十七年壬子(1612…信長没30年後)七月九日とも言われています。



信長の正室だったのも関わらず、濃姫の史料はあまりにも少ないです。どういう事だよ!!!



また、濃姫はお色気たっぷりのかっこいい女性として描かれることが多いみたいです。
無双濃姫BASARA濃姫


肖像画残ってないのに着物からポーズまでかぶるというミラクル。ほら、なんかかっこいいキャラでしょう?賛否両論有りますが。


しかもググってもググってもコスプレばっかりというね、どうしようか、日本。


ていうか、誰かBASARAと無双以外の戦国〇〇教えてください!


以上、濃姫篇でした。



↓「濃姫ってこんな人だったんだ~」って思った人はポチお願いします。
にほんブログ村 中学生日記ブログへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

え!!こっ・・・こんなにかわいいwww

お祝い・お悔やみ・ブライダルすべてそろうお花屋さん♪

  • From: 花ギフト館のブログ |
  • 2010/01/24(日) 17:21:49

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する